読み込み中

19

勝福寺関連文化財

しょうふくじかんれんぶんかざい

勝福寺関連文化財

古代の在地豪族・須恵氏の菩提寺で、戦国時代から相良氏の保護を受け続けた寺院。県内最大級の木造毘沙門天立像(びしゃもんてんりゅうぞう)は平安時代末期につくられた。御堂は勝福寺の仁王門を移築・改造したもの。

文化財データ

名称

勝福寺関連文化財

よみかた

しょうふくじかんれんぶんかざい

ジャンル
住所

球磨郡あさぎり町深田北1228-1

お問い合わせ

0966-45-7226(あさぎり町教育委員会)