読み込み中

お知らせ

日本遺産人吉球磨 写真コンテスト作品募集のお知らせ

 人吉温泉観光協会主催「2018年版人吉球磨観光カレンダー」写真コンテストの季節がやって来ました。
 今年も、日本遺産「相良700年が生んだ保守と進取の文化~日本でもっとも豊かな隠れ里-人吉球磨~」構成文化財等に関する写真を募集します。
 あなたがの撮影した写真が、カレンダーの1ページを飾るかも・・・。
 皆様の応募をお待ちしております。
 詳しくは、コチラ⇒人吉温泉観光協会ホームページへ。

 認定された物語(ストーリー)や構成文化財については、コチラ↓↓
     物語(ストーリー)の変更、構成文化財の追加等が認められました。

物語(ストーリー)の変更、構成文化財の追加と変更が認められました

 平成29年4月、「相良700年が生んだ保守と進取の文化~日本でもっとも豊かな隠れ里-人吉球磨~」(平成27年4月認定)の物語(ストーリー)の変更、構成文化財の追加と変更が認められました。

 平成27年4月、他の地域であまり見られないような人吉球磨特有の文化はとても興味深く、今まであまり知られていなかったような隠れた魅力を持つ数々の文化財にまつわる物語は、誰もが理解しやすい内容であるとの評価を受け、文化庁から日本遺産の認定を受けました。

 この認定を受け、人吉球磨日本遺産活用協議会では、この日本遺産認定を積極的に活かし、国内外のさまざまな人たちに発信し、観光や地域の活性化を図るための活動を行って来ました。
 しかし、活動をさらに充実させるには、4つの文化財名称の変更と16の文化財を追加し、物語をよりわかりやすく修正することが必要と判断し、認定内容の変更申請を行いました。

 このような鎌倉時代から明治維新までの約700年間にわたって先人より受け継がれた貴重な人吉球磨の歴史遺産や伝統文化を、いかに現代の私たちが守り愛しながら先進的に活用し、後世に伝承するかが、これからの地域課題でもあります。

 この度、認められた変更内容の詳細につきましては、別添資料のとおりです。

認定内容の変更について(概要資料)

日本遺産物語(ストーリー)変更(別添2)

構成文化財一覧

構成文化財の位置図(別添1-3)

 

『日本遺産』 Channel JAPAN放送のお知らせ

 日経新聞グループとTBSによる「Channel JAPAN」にて、「日本遺産 シーズン1(英語翻訳版)」が放送されています。
 アジア各国で放送されていますが、国内では、日経CNBCで、毎週日曜日10~11時放送です。

 人吉球磨については、「相良700年が生んだ文化 熊本県(平成28年11月27日放送)」が次の日程で放映予定です。
 国内外のたくさんの方々にご覧いただきますよう、お知らせします。

■日本国内における「Channel JAPAN」の視聴方法
【テレビ】(有料サービスへの契約が必要)
スカパー、J:COM、ひかりTV、auひかり
【インターネット】(有料サービスへの契約が必要)
日経チャンネルマーケッツ
【放送予定日】 平成29年6月11日(日)10:00~11:00

■アジア各国の放送について
【CNBC Asia】
対象国:ブルネイ、カンボジア、中国、香港、インドネシア、韓国、ミャンマー、パプアニューギニア、フィリピン、サイパン、グアム、シンガポール、スリランカ、台湾、タイ、ベトナム
放映予定日:2017年6月11日(日)シンガポール時間9:00/17:00
【VTV2】
対象国:ベトナム
放送局:国営放送ベトナムテレビジョン
放映予定日:2017年7月31日(日)インドシナ時間21:00
【Nation TV】
対象国:タイ
放送局:24時間ニュース専門チャンネル ネーションTV
放映予定日:2017年7月9日(日)インドシナ時間19:05

シーズン1番組表はこちら⇒ Channel JAPAN 各国放送予定日 ※ 放送日は変更の可能性もあります。

九州の日本遺産が集合!日本遺産シンポジウム

九州内の日本遺産認定4団体が大宰府に集まり、地域活性化に向けた取り組みについて考えるシンポジウムが開催されます。
人吉球磨も参加します。お近くの方はぜひお越しください。

■日時 3月12日(日) 10:00~12:15 ※9:30開場
■場所 太宰府天満宮 社務所2階 余香殿 (福岡県太宰府市宰府4-7-1)
■内容 基調講演  地域づくりをめざす~大宰府日本遺産にちなんで
         前九州国立博物館館長・三輪嘉六
     コーディネーター ジャーナリスト・プロデューサー 生駒芳子
    九州認定5団体(福岡県・大分県・佐賀県・熊本県・長崎県)によるパネルディスカッション
日本遺産シンポジウム(表)
日本遺産シンポジウム(裏)
■問い合わせ先 太宰府市日本遺産活性化協議会

★同時開催★ 全国梅酒まつりin福岡 2017
全国各地の梅酒が福岡に集まり、飲み比べができるイベントです。飲み比べのほかにも梅酒の販売や各種ステージイベントも開催。「大宰府天満宮」で梅の花を楽しみながら、梅酒を堪能できます。
■期間 3月10日(金)~13日(月)
■時間 10:00~17:00 ※最終日のみ16:00まで
■場所 太宰府天満宮 (福岡県太宰府市宰府4-7-1)
■問い合わせ先 全国梅酒まつりin福岡2017運営事務局 

東方組太鼓踊り~第17回地域伝統芸能まつり出演!

日本各地の人々により、脈々と受け継がれてきた祭事や芸能が一堂に会し、個性を競い合う「第17回地域伝統芸能まつり」が2月26日(日)に東京・NHKホールで開催されます。
今回のまつりには、湯前町の「東方組太鼓踊り」が出演。26日の公演に向けて、出演メンバー・保存会の皆さんが練習と準備に取り組んでいます。
伝統芸能まつりの様子は、下記の日時で放送予定です。勇壮な踊りをお楽しみに。

【放送予定日】 3月18日(土) 午後3時〜午後4時30分
NHK Eテレ「まつりの響き ~第17回地域伝統芸能まつり~」
地域伝統芸能まつり(表)
地域伝統芸能まつり(裏)

詳しくは一般財団法人地域創造HP→第17回地域伝統芸能まつり

「HighLighting JAPAN」に日本遺産人吉球磨が紹介されました。

内閣府の海外向け政府広報電子媒体「HighLighting JAPAN」(ハイライティング・ジャパン)に日本遺産人吉球磨が紹介されました。

■10月号「特集 九州の今」
 日本遺産人吉球磨紹介ページ →日本遺産 Thank the Lords
               →動画ページ   
ハイライティングジャパン10月号

HighLighting JAPANホームページ
 ホームページは英語・日本語・中国語対応です。
 日本遺産人吉球磨(日本語)
 SL人吉も紹介されています。
 

日本遺産人吉球磨シンポジウム開催

 日本遺産人吉球磨を、国内に限らず、世界へも戦略的に発信し、地域活性化を図るにはどうしたらよいのでしょうか。
 日本を代表するデザイナーと建築家の視点から、日本遺産人吉球磨の本質に迫り、日本の美、日本人の美意識を世界へ、未来へとつなぎます。

 日 時: 平成29年2月28日(火)13:30~16:50
 場 所: 人吉市カルチャーパレス 小ホール
 内 容:
  1 基 調 講 演 13:40~ 「未来資源としての人吉球磨
                     -それをつくれば彼は来る」原研哉氏
            14:35~ 「相良歴史回廊をデザインする」隈研吾氏
            15:30~ 休憩
  2 パネルトーク  15:45~ パネリスト-/原研哉氏・隈研吾氏
                   コーディネーター/鈴木輝隆氏
                   地元発言者/鶴田正巳氏・松葉英星氏
  ロビー展示 13:00~16:50 日本遺産人吉球磨
                     「もりの植栽ボックス」試作品
                     (製作:球磨工業高校/指導:隈研吾氏)
                    日本遺産構成文化財パネル等
 参加費: 無 料

 詳しくは、人吉球磨日本遺産活用協議会(0966-22-2324)まで、お問い合わせください。

日本遺産シンポジウム チラシ表

日本遺産シンポジウム チラシ裏

日本遺産認定記念「人吉球磨民俗芸能特別披露」 日程のお知らせ

 人吉球磨日本遺産「相良700年が生んだ保守と進取の文化」のストーリーは、人吉球磨に点在する41の有形・無形文化財で構成されています。
 無形文化財の民俗芸能分野として、「人吉球磨の民謡」「臼太鼓踊り」「球磨神楽」が含まれており、古来より各地で守られ、継承されてきました。

 今回は「神に舞い、神と踊る」をテーマに特別披露を行います。
 あなたも、それぞれの舞いや踊りに込められた思いにふれてみませんか?

 日本遺産認定記念「人吉球磨民俗芸能特別披露神に舞い、神と踊る』」

開催内容:2月17日(金)19:30~鬼木臼太鼓踊り(人吉市)/サンホテル人吉(人吉市上青井町)
     2月18日(土)20:00~東方組太鼓踊り(湯前町)/鍋屋本館(人吉市九日町)
     2月24日(金)20:00~球磨神楽/あゆの里(人吉市九日町)
     3月 5日(日)16:00~東浦臼太鼓踊り(山江村)/ほたる(球磨郡山江村大字万江)
     3月11日(土)11:00~球磨神楽/湯楽里(球磨郡湯前町)

民俗芸能特別披露 チラシ
お問い合わせは、人吉球磨日本遺産活用協議会(0966-22-2324)まで。 

ついにできました!KKベストセラーズ発行「一個人」特別編集の人吉球磨版

一個人特別編集「人吉球磨『隠れ里』の遺宝を巡る」表紙

 KKベストセラーズ発行「一個人」(11月号)の綴じ込み付録「日本遺産完全ガイド」の「第3回 日本遺産を旅する」に掲載された「人吉球磨『隠れ里』の遺宝を巡る」が、ついに、一冊の特別編集版となりました。
 人吉球磨地域の代表的な青井阿蘇神社や生善院観音堂の黒漆をイメージした、どこにもない特別編集版になっています。

 お問い合わせは、人吉球磨日本遺産活用協議会(熊本県人吉市麓町18番地4 人吉城歴史館内 0966-22-2324)まで。